Vol.13 なぜ、多くの中小企業の募集がうまくできないだろうか

 

みなさんこんにちわ。

台風10号の接近、しかもお盆の帰省にやってきた台風。。。

ほんとに困った者です。しかし全国的にもそんなに被害が無かったようで良かったです。

さて、今回のテーマは「なぜ、中小企業の募集はうまくできないのか?」というお話。

 

 

 

それでは本題に。なぜ、募集がうまくいかないのか?

 

その答えはシンプルなのです。

 

 

 

多くの中小企業、士業、コンサルタントの方々は、

昔、結果が出た古い募集法を今でも採用し続けているのです。

 

例えば紙媒体に頼った集客方法をいまだに主要な募集活動として利用している

企業がほとんどなのです。

 

これらの募集メディアはインターネットが浸透した事でどんどん減っていってしまっていており

事実を知っている人は意外と多くいるのに何故か企業ではいまだに古い募集方法を使っているのです。

 

当然ながら古い方法に頼っていると効果がどんどん弱くなっている紙媒体の募集に無駄に時間とお金を

使っているのです。

 

そのうち募集もAIに支配されてしまう時代が来るのでしょうか?

あくまで私個人的な意見では答えは「NO」です。

AIに人の個性まで見れるのかというと、見れる時代は来るとは思いますが、

フィーリングという人間特有の感覚はAIには難しいのでは?と思います。

 

データも大切ですが、最終的にはその人個人の感覚を大事にしなくてはいけないのかもしれません。

皆さんは、どのように考えますか♪

Vol.12 就職活動は戦闘

みなさんこんにちわ!

九州は週末の豪雨で大変でした。。。

 

場所によっては、被害の出ているところもあるとか。

最近天気がおかしい気がします。何か地球に変化があるのでしょうか?

はたまた、地球からの何かの人類へのメッセージが込められているのでしょうか?

それはさておき、今日は「就職活動は戦闘???」ってお話。

 

私は就職活動は戦闘だと考えています。

それはなぜかというと、「自分との戦い」でもあり「企業先との戦い」でもあると考えるから。

 

そこで、私もそうでしたがみなさんは「どのような武器」で自分を武装して戦いますか???

 

学生の皆さんは様々な武器を装備して就職活動に臨んでいると思います。

・学校での成績や

・部活動などの成績

・様々な資格を取っている。

・その他アルバイト等で培った経験など。。。

 

でも、私が思うに不安なのはわかるけど就職活動するのにいらない武装が多すぎないか?

いつもいろいろなところから耳に入ってくるのだけれど、私はそう思うのです。

 

特に私が思うに、自分の武器に自信がある学生はそれだけで戦おうとします。

企業側は、学生が持つその武器に魅力を感じて採用はしないのです。

武器そのものより、武器を使用する「学生自身」に興味が全くないんです。

 

要は、すべての武器を下ろして素の自分で勝負するんです!

すべて脱ぎ捨てて全裸で就職活動を望む位の覚悟を持って取り組むと

意外と良い結果が結びついてくると思いますよ♫

 

 

Vol.11 定時退社のあるある集

みなさんこんにちわ!

さて最近は働き方改革なんて言われていますが、どれだけ改善されているのやら・・・。

最近のドラマにもありましたが、「私〇〇で帰ります!」なんてドラマがあり、それに感化された

人も多いのではないでしょうか!?

 

 

そこで、今日は定時退社のあるあるを集めてみました♫

共感頂けたら幸いです。。。。

それでは、行ってみましょう!定時あるある。

 

1.意外にも定時退社する人が多くてびっくりした!

 定時退社すれば帰りの電車が空いているのでは?と、思っていたところ、以外に電車混んでいて

 びっくり!まさか、みんな定時で帰っているのだろうか?

 

2.勝った気持ちになる!

 何に勝ったのかわかりませんが、なぜか周りの人たちに定時で帰れることに勝った気分に

 なってしまう♫

 

3.仕事が残っているのではないか?と気になってしまう!

 明日、上司から怒られたらどうしましょう・・・

 

4.飲み会に誘われ結局帰りが遅くなってしまう!

 定時で帰れたのに結局帰りが遅くなってしまった。。。

 

5.帰ってもやることが意外とない!

 意外と帰って寝るだけのリズムが体に染みついているので、定時で帰ると意外とやることが無い!?

 

6.定時帰りだと帰りに家族にお土産を買って帰ってしまったりする。

 「お父さんが早く帰る→お土産を買って帰る」になりがち。。。

 

7.会社・同僚より連絡が来るのではないか?と気になってしまう!

 でも・・・以外と来ないんですよね(笑)

 

8.気がつくと寝る時間になっていた!

 早く帰ったのに、気がついたらもう寝る時間になっていた!

 もう少し時間の使い方があったのでは無いかと、少し後悔。。。

 

9.意外とテンションが上がりすぎて夜更かしをしてしまった!

 そして翌日後悔・・・・・・・・・。

 

10.定時退社が良いのか?残業手当を選ぶのかで悩む!

 残業代をしっかり払ってくれる会社なら悩みますよね♫

 すべては「お金」を選ぶのか?「時間」を選ぶのかですね・・・。

 

皆さんは、どう感じましたか???

定時で帰ると言うのは当たり前なのですが、

何でしょう・・・この背徳感は・・・。。。。

皆さんも、自分なりに定時で帰るメリット・デメリットを一度考えてはいかがでしょうか!

 

 

 

Vol.10 面白い選考方法はメリットしかないのです!

オモシロイ「選考」????

皆さんは何を思い浮かぶでしょうか?

 

何言ってるんだよ!選考をするのにそんな面白おかしく選考を行ってまともな人が来るか!!

と、おっしゃるのも目に浮かぶほどです。(笑)

 

しかし、この「面白い選考方法」実際に行っている企業様がいるんです!

 

なんとその会社は「野球採用」を行っているんです。。。「野球採用???」

野球採用・・・それは下記のような内容の採用なのです。

1.野球採用では、面接の志望動機・挨拶・入社テストなど一般的な採用基準の採用方法を無視して

 唯一「野球が好き」という熱意が採用基準(笑)

2.会社を選ぶ理由として、「誰と働くか」はとても大切。

 一般の面接では、なかなか働いている人の顔は見えません。

 「野球採用」では、「野球」という共通の趣味で、緩やかにコミュニケーションをとり、

 「チーム仲間」になってもらいたい。

 

3.私たちの会社は野球が大好きです。

 大好きなものが共通であることで、仕事でもチームワークをもって目標に向かうことができると

 思っている。

 

4.弊社には「野球」「仕事」活躍の場はふたつあります。

 誰もが活躍できる会社にしたいと思っています!

 

どうですか!?こんな採用をする会社があるのです。

しかも応募が少ない現代に、わんさか人がやってくる♫

 

こういう「オモシロイ」ユニークな採用を行っている会社があるんです!

採用方法をオモシロクしたら募集が増えるのかもしれませんね!

 

Vol.9 「福利厚生」って何?

今回は「福利厚生」について。

さて、福利厚生といっても幅が広いもので、どのあたりを説明したら良いか確認する上で、質問を重ねて聞くように自分はしています。

 

「福利厚生の中でも、特にどの点を気にしていますか?」

 

すると、みな口後ごもってしまう新卒・中途の人がけっこうな数がいるんです。

どうも福利厚生とはそもそも何なのかが、よく理解していない人が多いみたいです。

 

面接時に具体的に聞いてみたところ・・・

 

・休みの多い会社がいい

・有給の取りやすい会社がいい

・残業の少ない会社がいい

 

など、勤務時間に関する関心がまぁ多い(汗)

 

前途の通り「福利厚生」は各種の人事制度などによって受けられる恩恵など、多岐にわたる広いものなので

質問する場合も焦点をフォーカスして聞いた方がいいかもしれませんね!

 

 

 

 

 

Vol.8 中途社員のい受入れ方

中途社員の受入方!?

みなさんはどのように考えていますか?

 

新メンバーのパフォーマンスと定着を上げる「オン・ボーディング」という言葉、知ってますか?

「オンボーディング」という言葉は中途採用の方を受け入れるのに非常に役に立つのです。

中途採用は入社してくる人の属性も様々だったりするので実は難しく、ある程度はパターン化、ルーチン化しやすいという側面が実はあるのです。

 

私の知人である企業の部長さんが、「中途入社の人が、新しい目線で組織のダメだしをしてくれるのは

ありがたいのだけれど、それが、自分の価値だと思っちゃう人が多いんです。」とぼやいていたのを思い出しました。

ということで、中途社員の受入方についてですが、実は中途採用後のケアが一番大切なんですね。

中途採用を採用した場合は部門で「ウェルカム感」を出すことが重要なんですよ!

ある会社さんの話ですが、「おはようござます!」とはりきって周りに挨拶をしても、先輩社員やその他の部門のひとたちみんなが振り向いてもくれず、休み時間も声をかけてくれず、それが苦痛ですぐに辞めてしまった。というケースもあるそうです。

 

要は、職場の雰囲気が悪いと離職率は高まるという傾向があるのでしょう。

中途採用者のケア。皆さんは気にしていますか?