vol.19 今の仕事が自分にとってのオーディション?

「今の仕事が自分にとってのオーディション!」

そう思ってすべての仕事に取り組むことが大切です!

オーディションとはそれにパスをすれば、
次回以降仕事にありつける、ってこと。

今の仕事がちゃんとできていないのに、
次の仕事がいただけるわけないですよね!

起業家も会社員も、私もそうですが
今の仕事をまっとうしてこそ明るい未来が
まっていることを忘れないでください!

とにかく今、目の前のことをちゃんとやることが大切ですよ!

Vol.17 採用コンサルの導入メリットとは?

前回のブログの続き・・・

では採用コンサルを入れるメリットとは?

現在、採用コンサルティングへの注目度は、企業のニーズもとても高くなってきているのが現状です。

 

それは、、企業が採用に対して今までのやり方では通用しなくなってきているからなのです。

それでは企業がコンサルティングを活用するメリットとは、具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

◎中立的なアドバイスをもらえる

企業内部から課題を客観的に見つめ直し、自社内では気付かなかった課題を中立的な視点であぶりだし、

適切なアドバイスが得られます!

 

◎採用市場の変化に対応

採用市場に対応できるコンサルティングを入れるからこそ最新のリソースの負担無くして最新の採用手法を

利用でき、人材を獲得出来るのです!

 

◎採用プロセスを総括可能

総合的に広い視野を持つ採用コンサルを活用すれば、採用サイトを含めプロセス全体を適切にコントロールできるようになります!

 

 

以上が採用コンサルを活用するメリットを簡単にご紹介させていただきました。

現場中心でいままでコンサルを行ってきた我々だからできるスキームも強みです。

人材・定着・採用でお困りのオーナー様、ぜひ一度ASFORTにご相談ください!

ご相談、お待ちしております。

Vol.16 採用コンサルティングとは

さて、2020年は

日本の人口がピークを迎え、これからの50年後は明治維新と同じ人口になっていくと予測されています。

当然、企業の新しい戦力として今後の採用に頭を悩ませている企業のオーナー様は多いと思います。

その「採用」という観点で見ると、現在では売り手市場ということもあり、気に入らなければスグ他の会社に移っていってしまう

社員も多いのではないのでしょうか?

離職率が多いのはなぜなのか?頭を悩ませるはずです。

1人採用に関する経費は大体300万円かかると言われる今日この頃。

それで会社になれたかな?と思うと退職されてしまう。

問題は、お金と育てる時間。。。

最終的に退職をされると、実は会社の財産(技術や方法)まで外に流出してしまっているという現状に気付いているオーナー様は

ほとんどいないのが現状なのです。

 

そこでASFORTが行う採用コンサルティングとは、採用の提案や実務を請け負うサービスなのです。

人財は重要なリソースなので、注力している企業も多いのではないでしょうか?

 

就職、採用市場はインターネットの普及で様変わりしました。

さえあに、経団連の就活ルールなどの廃止によってさらなる激動の時代が想定されてくるのです。

 

なので、人財を確保するためには、流行に沿った最新の方法必要不可欠なのです。

現在、様々な採用コンサルティング会社が注目を集めているのはこうしたノウハウを必要とされているからなのです。

弊社の強みは、多彩なバックグラウンドを持つプロがあつまっていることと、

全国どこでも対応可能。そして対面業務への高い対応力を武器にしております。

 

そこでASFOTの人事業務のコンサルティングは、採用・定着・研修など人事領域の設計から実務設計まで幅広く心をさせていただきます。

人材業界・人事経験者・国家資格キャリアコンサルタント・産業カウンセラーなど様々なバックグラウンドを持つスタッフで

ユーザーにマッチした人事のプロをアサインします。

 

採用から定着まであらゆる企業課題に対応するサービスを企業ごとにカスタマイズ可能です。

 

ぜひ、人為や採用・定着でお困りの企業様、ASFORTに一度ご相談をいただけましたら幸いです。

ご連絡をお待ちしております!

Vol.15 自社採用をつくるステップとは?

自社採用をつくるには???

2020年HR元年となる令和2年を迎え

どのような人財を確保するのか?戦略を持つことが今年の最優先となるでしょう。

 

今回は、これからすすむその自社採用をつくる為に

必要なステップをお伝えしようと思います!

 

#1

採用に特化した自社専用のホームページを作成して、求職者が知りたい情報を公開する事。

当然、会社が伝えたい情報も掲載することです。

会社の求人情報は、伝えたい情報がきちんと求職者に伝えることが出来ているかがポイントです。

求職者はその情報を見て共感しているでしょうか?

会社側、求職者側それぞれの目線で伝えることが大切なのです。

 

私が経験してきた事。

それは、求職者は就職の際に「重傷する事がじつはあること」がわかっています。

 

採用にはまさに

伝えなければならないポイントがあります。

 

◎求職者が知りたい情報5選

・一緒に働く人や職場の雰囲気がしりたい

・会社に入ったら、どんなことができるのか

・具体的な仕事の内容を知りたい

・経営者や店長の考えを知りたい

・休みや待遇について具体的に知りたい

 

用意するコンテンツ

1.求職者向けのビジョンを作る

2.一緒に働く人、チーム、コミュニケーション

3.具体的な仕事の内容、実際の声

4.成長は人財にとってのキーワード

5.働く現場環境、福利厚生、休暇

 

この5つを伝えるように表現したり伝える工夫をすることです。

 

この5つのポイントと会社専用の求人サイトを作る。

特に求人専用のサイトを作るには大金がかかってしまう。

その悩みをアスフォートがお手伝いを致します。

弊社の専用求人サイトで募集をおこないませんか?

ぜひ、お困りの企業様お尋ねくださいませ。

コストパフォーマンスの良い専用サイトで募集できますよ!

 

Vol.14 一流の上司は「自分より優秀な部下」を作る

突然ですが、管理職の皆さんは「自分より優秀な部下」を育てていますか?

・部下に仕事を任せて

・黙って見守ること

 

上記2つが優秀な部下を育てる秘訣だと自分は思います。

部下を育てるために、私が常に心がけていたこと

それは「部下に仕事を任せる」ことです。

 

そして、一度まかせたからにはたとえ遠回りしそうでも、ミスをしそうであっても

黙って見守ること。

 

自分で考え、自分で決めて行動することで、成功しても失敗しても自分の経験になります。

もちろん上司のほうが経験値はあるので、解決策が思い浮かぶと思いますが

それを先回りしてそれを部下に教えてしまっては自分のコピーをつくるだけ。

 

どうにもならなくなっていたら、そのときこそ、上司が適切なアドバイスをするもの。

もしも失敗しても、一度任せたからには部下と一緒になって責任を負うように腹を決めるのです。

 

リーダーの役割は自分よりも優れた部下を育てること。

それによって、組織は成長をし続ける事ができます。

 

「名選手、名監督にあらず」

指導者としてはふるわない人をさすときに使われる言葉。

才能さえあれば自分1人の努力と運で一流選手になれます。

しかし指導者として一流選手を育てるとなれば話は別です♪

 

なぜなら相手がいる話だからです。自分より優れた人材をそだてるとなれば

困難の極みです。会社も同じなんですね。

 

皆さんはどのように部下を育てていますか?

ただの押しつけになっていないでしょうか?

自分のコピーを作るように?

 

もしそうならば、今すぐ考え方と指導を変えなくてはならないはず。

手遅れにならないように!

 

もしそのような事でお悩みであればアスフォートまでご連絡ください!

一緒に解決していきませんか?

人材は人財に変えていかなくてはいけません♪

 

Vol.13 なぜ、多くの中小企業の募集がうまくできないだろうか

 

みなさんこんにちわ。

台風10号の接近、しかもお盆の帰省にやってきた台風。。。

ほんとに困った者です。しかし全国的にもそんなに被害が無かったようで良かったです。

さて、今回のテーマは「なぜ、中小企業の募集はうまくできないのか?」というお話。

 

 

 

それでは本題に。なぜ、募集がうまくいかないのか?

 

その答えはシンプルなのです。

 

 

 

多くの中小企業、士業、コンサルタントの方々は、

昔、結果が出た古い募集法を今でも採用し続けているのです。

 

例えば紙媒体に頼った集客方法をいまだに主要な募集活動として利用している

企業がほとんどなのです。

 

これらの募集メディアはインターネットが浸透した事でどんどん減っていってしまっていており

事実を知っている人は意外と多くいるのに何故か企業ではいまだに古い募集方法を使っているのです。

 

当然ながら古い方法に頼っていると効果がどんどん弱くなっている紙媒体の募集に無駄に時間とお金を

使っているのです。

 

そのうち募集もAIに支配されてしまう時代が来るのでしょうか?

あくまで私個人的な意見では答えは「NO」です。

AIに人の個性まで見れるのかというと、見れる時代は来るとは思いますが、

フィーリングという人間特有の感覚はAIには難しいのでは?と思います。

 

データも大切ですが、最終的にはその人個人の感覚を大事にしなくてはいけないのかもしれません。

皆さんは、どのように考えますか♪

Vol.12 就職活動は戦闘

みなさんこんにちわ!

九州は週末の豪雨で大変でした。。。

 

場所によっては、被害の出ているところもあるとか。

最近天気がおかしい気がします。何か地球に変化があるのでしょうか?

はたまた、地球からの何かの人類へのメッセージが込められているのでしょうか?

それはさておき、今日は「就職活動は戦闘???」ってお話。

 

私は就職活動は戦闘だと考えています。

それはなぜかというと、「自分との戦い」でもあり「企業先との戦い」でもあると考えるから。

 

そこで、私もそうでしたがみなさんは「どのような武器」で自分を武装して戦いますか???

 

学生の皆さんは様々な武器を装備して就職活動に臨んでいると思います。

・学校での成績や

・部活動などの成績

・様々な資格を取っている。

・その他アルバイト等で培った経験など。。。

 

でも、私が思うに不安なのはわかるけど就職活動するのにいらない武装が多すぎないか?

いつもいろいろなところから耳に入ってくるのだけれど、私はそう思うのです。

 

特に私が思うに、自分の武器に自信がある学生はそれだけで戦おうとします。

企業側は、学生が持つその武器に魅力を感じて採用はしないのです。

武器そのものより、武器を使用する「学生自身」に興味が全くないんです。

 

要は、すべての武器を下ろして素の自分で勝負するんです!

すべて脱ぎ捨てて全裸で就職活動を望む位の覚悟を持って取り組むと

意外と良い結果が結びついてくると思いますよ♫

 

 

Vol.11 定時退社のあるある集

みなさんこんにちわ!

さて最近は働き方改革なんて言われていますが、どれだけ改善されているのやら・・・。

最近のドラマにもありましたが、「私〇〇で帰ります!」なんてドラマがあり、それに感化された

人も多いのではないでしょうか!?

 

 

そこで、今日は定時退社のあるあるを集めてみました♫

共感頂けたら幸いです。。。。

それでは、行ってみましょう!定時あるある。

 

1.意外にも定時退社する人が多くてびっくりした!

 定時退社すれば帰りの電車が空いているのでは?と、思っていたところ、以外に電車混んでいて

 びっくり!まさか、みんな定時で帰っているのだろうか?

 

2.勝った気持ちになる!

 何に勝ったのかわかりませんが、なぜか周りの人たちに定時で帰れることに勝った気分に

 なってしまう♫

 

3.仕事が残っているのではないか?と気になってしまう!

 明日、上司から怒られたらどうしましょう・・・

 

4.飲み会に誘われ結局帰りが遅くなってしまう!

 定時で帰れたのに結局帰りが遅くなってしまった。。。

 

5.帰ってもやることが意外とない!

 意外と帰って寝るだけのリズムが体に染みついているので、定時で帰ると意外とやることが無い!?

 

6.定時帰りだと帰りに家族にお土産を買って帰ってしまったりする。

 「お父さんが早く帰る→お土産を買って帰る」になりがち。。。

 

7.会社・同僚より連絡が来るのではないか?と気になってしまう!

 でも・・・以外と来ないんですよね(笑)

 

8.気がつくと寝る時間になっていた!

 早く帰ったのに、気がついたらもう寝る時間になっていた!

 もう少し時間の使い方があったのでは無いかと、少し後悔。。。

 

9.意外とテンションが上がりすぎて夜更かしをしてしまった!

 そして翌日後悔・・・・・・・・・。

 

10.定時退社が良いのか?残業手当を選ぶのかで悩む!

 残業代をしっかり払ってくれる会社なら悩みますよね♫

 すべては「お金」を選ぶのか?「時間」を選ぶのかですね・・・。

 

皆さんは、どう感じましたか???

定時で帰ると言うのは当たり前なのですが、

何でしょう・・・この背徳感は・・・。。。。

皆さんも、自分なりに定時で帰るメリット・デメリットを一度考えてはいかがでしょうか!